自分らしく生きる介護
介護する側もされる側も「自分らしく生きる」には?

「自分らしく生きたい」「自分らしく生きてほしい」と願っていても、なかなかそう生きられない現代社会。
仕事、住む場所、様々な環境を整えるのは難しいですが、今年の5月に突然、両親ともの介護をすることになり、介護という環境下で「自分らしく生きる」ことが本当に難しく辛いことだと経験しました。
そして、自分(介護する側)ばかり「自分らしく生きる」ことを考えていた未熟さ。
両親(介護される側)も「自分らしく生きてこそ」なのです。

同じように介護に直面している方、心配している方のお役に少しでも立てたらと、介護に関するライフスタイル、お金のこと、国の制度のことをお伝えしていきたいと思います。

介護先でのコロナワクチン接種は、スマホで簡単届出

 

新型コロナウィルスのワクチン接種をしたほうが良い・悪いのお話ではありません。

【ワクチンを接種したいのに介護先の住所に住民票がない方】

住所地外接種届」という制度があります。

スマホなどからネットで届出できます。
接種希望地などを選び、届出理由に「親の介護のため、実家(○○)に滞在中」などと記載します。
ただし、接種の際、接種券は必要となりますし、届出に接種券番号が必要となりますので、住民票の住所地に接種券を取りに行くことは必要になります。
上記を送信すると、届出証がスマホなどの画面にでますから、画面キャプチャをし、それを接種会場で見せます。
PCで手続きした場合はPDFでダウンロードしてプリントアウトし、それを接種会場に持参します。
※接種の予約は別途必要になります。

詳細は、こちらからご確認ください。
https://v-sys.mhlw.go.jp/application/change-region.html

記事を書いたのは

ファイナンシャルプランナー(CFP)
✿遠山 有美子✿

ファイナンシャルプランナー(CFP)✿遠山 有美子です。

このページでは、介護のことをお伝えしました。

✿CherryBlossoms✿では、様々なご相談を承っております。
なにかお困りのことがございましたら、各情報ページをご覧いただいたり、ご相談ください。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方は、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-1067-2675